起きて半畳寝て一畳

私が4年間住んだマンションの一階部分はずっと、貸し出されていない倉庫のような開かずの間になっていました。
他の階とは入り口も別で、半地下みたいになっててベランダも無い。
何の為に作られたのか謎の部分でした。

そこがある時期駐車場に改装されるべく一掃されたのですが、その時伽藍洞になった中を覗いてみて、驚きました。狭くて。
いや、私が住まいとしている部屋と同じ広さなんですよ。
でもただの箱状になったその空間の面積のあまりの狭さに、3度見くらいしました。ほんとに狭くて。
思わず建物の構造を確認しましたからね。
あれ、上にしたがって大きくなる建築だったかなって。
そんな訳ないんですけど。
それくらい小さい。

確かに私の部屋は狭いです、ひとり暮らしには十分ですがふたりだと狭い、というくらい。
でも私はそこで毎日お料理をして、友人たちとお酒を飲んで食事をして笑い語り、大きめのベッドで眠り、 何より広い作業机でカセ巻きをした沢山の糸を広げ、製作をしていました。

伽藍洞の小空間を見つめながら、その私の生活全てを思い浮かべて当てはめてみましたが到底当てはまるとは思えず、まるで「楽しい時を過ごしたはずの場所へ戻ってみたらそこはただの空き地だった」とかそんなお伽噺?怪談?の主人公のような気分になりました。
そして、もしかしてこれはちょっと幸せな話ではないか?と思ったんです。
だって逆だったら嫌ですよ。
こんなに広い空間なのにどうして私は毎日あんなに窮屈な気持ちなの?って。

欧米の方が見たら気が狂いそうに小狭い空間で、私は毎日本当に豊かでゆったりした気持ちで日々過ごしました。
借住まいとはいえ、安らぎと創造の大切な棲処であり、それこそ実際の面積をはるかに超える無限の空間を作っていたのだと実感した瞬間でした。

「心には枠がなくどこまでも自由でどこまでもいける」ということ。
どこで暮らすかよりも大事なことがもしかしてあるのかも。

こんな形で何かを実感するとは思いませんでしたけどね。
工事の粉塵がすごくてしばらく洗濯物が干せず困惑していましたが、忘れました。

ありがとう改装工事。
ありがとう自由な心。
でもやっぱり畑付き一軒家に憧れる、それもまた人間。

そんな住まいからこのたび引っ越ししました。
今度はもっと町の中で、やっぱり狭いですが、緑の近いとても良いところ。

       (目の前の池の亀…と思ったらかたっぽスッポンでした)

これからも自由な心で、無限の創造の可能性を探っていきたいと思いを新たにする春です。

公私に渡りお世話になっている、宮武史郎さんの展示が岐阜の本田さんで始まっています。

すでに観に行った何人かから感想を聞いているけれど皆絶賛で、気がはやりつつも私はたぶん最終日に滑り込みかな。

宮武さんの作るものは静かで、湿度がなくていい。
ただそこに在るだけで気分が良い、というかけがえのなさ。
世の中にもっとそんなものが増えるといいなと思う。

宮武史郎展 すく う
2017年3月11日(土)ー22日(水)
岐阜 本田にて

ありがとうございました。

冬の納品が全て完了しました。
お待ちいただいていたみなさま、本当にありがとうございます。

私が子供の頃、昭和の50~60年代、子どもの洋服やニットのデザインはとても可愛らしいものが多かったように思います。
各家庭でお母さんやおばあちゃんによって手作りされることもまだまだ多く、素材は基本リユースだったし、デザインも、技術面の限界によりやむなくオリジナルが誕生するというアクシデント的な可愛さも大いにありました。

         (アクシデント感が出すぎたお姉ちゃんのポンチョ)

私は「アクシデントです」では済まされませんが、制作の原点は常にそこにあります。
お母さんが作った洋服を着て、小学校のクラブ活動で今考えると特に上手でもなかった先生に習った
編み物。
ただ面白くて夢中になって毎日編んでいた、あの時の気持ちと基礎技術だけで30年続けちゃっていますが、それがとても楽しく幸せです。

で、今回沢山編んだ最初の写真のフードは、そんな子どもの頃に被っていた「防寒具」のイメージ
です。
これがあれば、ちょっとくらいの雪ならへっちゃら!寒くても外に出たい!
寒がりで出不精の私が、そんな気分になれるようなものが作りたかったんです。

         (大人もこんな顔になるやつね)

今年の秋は京都と名古屋で販売予定があります。
フードも糸違いいろいろで考え中。
また追ってお知らせいたします。

珍しく映画の感想


展示の最中だったのでこちらへは書いていませんでしたが、年明けに名古屋シネマテークで久しぶりに映画を観ました。
映画のタイトルは「人生フルーツ」。
日本住宅公団に在籍され、高蔵寺ニュータウンの開発を手掛け、実際ニュータウンの中に50年間住まれた建築家、津端修一さんと奥様の英子さんのドキュメンタリーフィルム。

ひとことで言うと、観て良かったです。今後観る機会がある方にはおすすめしたいです。

自然を取り入れた住まいの中で「何でも自分で作る自分でやる」暮らしは現代人の憧れですが、この映画は、単に「スローライフの可愛らしい老夫婦の愛情物語」ではないところに深みがあります。

都市近郊の町、しかも住宅集合地の中での豊かな農的暮らしはなかなか出来ることではなく、ある程度のお金とインテリジェンスと健全な肉体と精神と…頑張っても入手が難しい条件が備わっているゆえのハードルの高さがあります。
それは修一さんの描いたニュータウンの理想の設計図が、台湾の住宅地へのアドバイスが、実際は実現出来なかったことと同じ意味を持つのかもしれません。
理想とする考えを実現する力を持つ人と、経済社会の中で形成されていくしかない多くの人の暮らしや開発側の事情には隔たりがあるのです。

それならと、エリート街道をおりて実践者になった修一さんと、それについて行った英子さん。
私たちが現在生きる社会の中で、高く見えるハードルは超えたるだけでなくくぐったって周り道したっていい。
自身の周辺からこつこつとでも、世界を変えていく勇気とヒントがこの映画の背景にはずっと流れていました。

共に生きる人、関わりを持った人を大切に思う姿勢には静かな優しさがあり、そこもみどころのひとつです。

観た直後より、その後の生活の中でじわじわきますよ。
年とったからとか時間がないからとか、言い訳できないなぁ。
今の生活の中でもやれることがまだまだある。
未来を生きる私たちに、楽しい悩みはいつまでもつきません。

そういえばこの映画って東海テレビで放映された番組を再編集したものなんですね。
とある重要なシーンでの映像に私はショックを受けてしまったのですが、制作側の覚悟というか意志の感じられる場面でした。
そういうのも良かったです。

名古屋での上映は、2月3日(金)まで。
シネマテークにて。
名古屋シネマテーク 上映スケジュール

ありがとうございました

SOLOさんでの展示が終了しました。
寒い中足を運んでくださった皆さま、ありがとうございます。

SOLOのひろみちゃんとは「元お隣さん」。
4年ほど前まで、お互い現在の住居に移る前のマンションで、部屋が隣同士でした。
SOLOの移転前のアルエットゥも近くて、よくケーキを食べにも行きました。

ひろみちゃんは私よりも年齢は若いけれど当時はお互い30代で、仕事も私生活も転機の真っ只中。
あの緑に囲まれた、古くて可愛い小さな部屋で、本当に色んなことがあって。

今でもあの時新しく出来たあの道路から、私たちの居た窓が見えるたびに、なんとも言えない気持ちになります。
懐かしい、悲しい、あたたかい。
どれでもあってどれでもない。

今年は私も長くお手伝いしていた仕事場を離れて本格的な転機。
その変わり目の今、アルエットゥの面影が残るソロで、ひろみちゃんと一緒に展示が出来たことをとても嬉しく思います。

ご注文いただいた皆さん、制作とお渡しは出来る限り早めに致します。
楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。

PAGE 1 of 22 123451020...LAST »