その他一覧

ありがとうございました

月の温さんでの展示が終了しました。

7日間の展示期間にも、喫茶クロカワと高倉一修さんライヴの日にも、沢山の方に来ていただいて楽しい時間を過ごすことができました。
足を運んでくださったみなさま、ありがとうございます。

今回月の温さんに1日中滞在する日が何日かあったのですが、毎回居心地が良すぎて帰りたくなかったです。


おばあちゃんちに来たみたいな落ち着き加減

おやつに真紀さんの作る蒸しパンを食べるのがお楽しみ

お土産はまるいおやつ(私はいつもきな粉)

自転車を借りて近所を徘徊

ほんとうに楽しい日々でした。

ご注文いただいた方はもう少しお待ちください。
丁寧な制作を心がけ、責任を持ってお届けいたします。


今回ご案内のハガキの絵を描いていただいたのは、竹内絵美さん。

「これ絵なの!?」と驚く方もいらっしゃったのですが、確かに絵なの!?と一瞬思うけれど、だからって写真に見える訳でもない、直筆の暖かみがある私好みの「不思議な絵」。

私のニットの、私自身が気に入っている部分をよく表現していただきました。

彼女の絵と彼女自身をみていると、素直であること、誠実であることに勝るものは一体なんだろう、と思う。

節季にも明るく、季節に添った植物画を描かれています。
彼女の日常の絵はこちらからご覧になれます。
botanic record : http://takeuchi-emi.tumblr.com

納品しました


京都、kitさんへ帽子・手袋・ミトンを納品しました。
画像kitさんより拝借。なんだか良い写真です。
kitオーナー、椹木さんの感覚って独特なんですよね。
H.Pの「月報」って言葉のセンスもいい。
そしていつも納品の特に今回の中で一番好きです、と言ってくれるのがたいてい私が心の中でイチオシのものなので、それも嬉しいです。


これは今年初登場のミトン。ウルグアイ産の無染色ウールです。
kitさんへも納品しました。
こっそり「mito」というモデル名なのは、服飾作家のmitoさんのオーダーで出来上がったのが第1号で、それを商品化したからです。
mito。のミトン。

私の手袋の中ではかなり厚手の方なのですが、名古屋から札幌へ行ったmitoさんに言わせると「これは秋物」らしいです…。

氷旗


クロカワさんから「氷」の旗の依頼があったので、パッチワークと手縫いで作りました。
大漁旗がイメージ。

かき氷はあまり好きではない私ですが、クロカワのかき氷はシロップが本気のアレで、ついつい週2でいただいています。

喫茶クロカワ


プレオープンしています。
限定時間、限定メニューでひっそりと。

元々の建造物の持つ渋味に加え、素人DIYの限界に挑戦した店内はなかなか味わい深く、店主黒川さんの人柄が随所に表れた空間となっています。

この激しい(?)DIY、はたから見ていた私は何故か「イースター島のモアイは歩いて移動した」ってのは完全に現代人の勝手なファンタジーだなあ、という思いにかられました。
人間は知識や道具が無い場合にはひとりでも何をしでかすかわからない、「古代の神秘」っていうあるんだかないんだかわからない現代人の夢想するロマンを凌ぐ力を持っていたのでは…と、黒川さんの作業を見ながらイースター島の人々に思いを馳せました。
大げさですけど。
私にはそれくらいの驚きと、興味深い出来事が満載でした。

その辺りは素人(無知)万歳としか言いようがありませんが、手助けやアドバイスをいただけたプロの方や知識のある方、応援してくれた方々がいらっしゃったので、イースター島のような悲劇には至らず、無事開店することが出来たようです。

皆さんのお力やエール無くしては成りえなかった空間に感慨ひとしおの黒川さん。





営業時間や地図はこちらからどうぞ。
喫茶クロカワ H.P:http://cafekurokawa.com

黒川さんの依頼で小物を制作したのですが、珍しくウール以外の編み物、アクリルたわしも作りました。

「目立たないアクリルたわし」
カギではなく棒針で編んでみたら私自身も気に入った出来だったので、秋の展示で販売予定です。

PAGE 10 of 20 « TOP...8910111220...LAST »