2012年一覧

年の瀬

「瀬」とは、川の流れが急に速くなっている場所。

江戸時代の庶民なんかは、年末にその一年間溜めこんだ店舗賃金やら米屋・酒屋への借金を支払うと年も越せないほどの大ピンチ。
ごはんも食べられない、くべる薪も買えない、まさに生きるか死ぬかの瀬戸際だったわけです。
その大変さを表わすための、激流を意味する「瀬」らしいですよ。

私は、文化や生活様式に関して江戸時代が好きだったりするのですが。

・・・良かった江戸時代じゃなくて。
私みたいなの、確実に笑顔で年越しそばとか食べられてません。

でも、せんだっての一件やら複雑怪奇な平成の世を思うと、その上に成り立つ自分たちの、植え付けられた「便利で幸せ」って概念を捨てて瀬にのまれる覚悟もこれからは必要になってくるでしょうね。

あったかい部屋で、ゆっくり掃除しながらおいしいコーヒー飲んで、パソコンに向かいながらそう考える年の瀬です。

今年一年関わってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
井上アコさんとのふたり展を始め、充実した手仕事が出来たことに感謝しています。

来年はより一層精進したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

えーと

要するに、おおまかまとめ。
自民党が掲げる憲法改正草案の、です。

・第2章 「戦争の放棄」が「安全保障」に変わる。

・第9条  自衛権の発動により武力行使が認められる。

・第9条の2 (国防軍)が新設
     内閣総理大臣を最高指揮権者とする国防軍が組織される。
     国際的に協調して行われる活動つまり参戦・派兵ができる。
    「国際紛争を解決するための戦力保持禁止」が解かれ、国の交戦権に武力行使が認められる。
     国防軍組織、統制及び機密保持については別の法律で定めることもできる。
     国防軍従属者の犯罪、また国防軍機密に関する犯罪は、国防軍内部で審判できるようになる。

・第10章 「日本国民に保証される基本的人権」が削除

・第96条(憲法改正) 「3分の2以上の賛成で発議」だったのを「過半数で議決」に変更される。

・第99条(緊急事態)  緊急事態宣言によって、内閣が法律と同一の効力を有する政令を制定することが
           できる。(このときの衆議院を解散できなくする規定まで追記されてる。)

うちにはテレビが無いのであんまりわからないのですが、ここらへんの過激な改正案の内容についてハッキリ言ってないらしいですね。

明後日の選挙に関しては普段政治に言及しない人もかなりの勢いで発言してます、当然ですが。
脱原発も国民の総意ってことになってるけど意外と選挙には反映しなかったりしますから。

あと、初めて知ったのですが投票券って持って行かなくても現地で確認してくれるらしいですね。
実家までわざわざ取りに寄らなくても良かったのか・・・。

ありがとうございました

カミヤベーカリーさんでの井上アコさんとのふたり展、たくさんの方に見に来ていただき、ありがとうございました。
無事終了しました。

といっても、ここからアコさんも私も制作の本番なのですが。

ご注文いただいたみなさんには少々お時間をいただきますが、責任を持って丁寧な仕事を心がけようと思います。
みなさんの冬が、楽しくあたたかいものになりますように。

グラスハウスと野菜たち


音楽に囲まれた週末でした。

このたった一音を出す為にどれだけの時間や想いを費やし、何を引き換えにしてきたのかなこの人は、って。
「音に真摯」以外に表現が浮かばない演奏を耳にするとそういった思いに胸がつまりそうになります。

音楽の魅力って技術や表現力だけじゃないしそこには優劣もないのですが、大事にしているものは皆やはりそれぞれ違って、聴いている私が何を大事に思ってるのかに気付く貴重な機会でもありました。

カミヤベーカリーさんでの展示、今週末までです。
私は(たぶん)今週は28日の水曜日に在店予定ですので、オーダーでご相談がある方はぜひ。

久しぶりに、colonbooksで展覧会があります。
2日間だけなのでみなさんお見逃しなく。

24日の土曜日には、平出隆さんのトークイベントと伊藤ゴローさんのライヴがあり、喫茶クロカワがコーヒーを淹れに行きます。
私もcolonbooksチームとしてはもちろん、クロカワのお手伝いもしながら一日みなさんのお越しをお待ちしています。

_________________________________________________

GLASHAUS × CRYSTAL CAGE | 伊藤ゴロー × 平出隆 展

伊藤ゴローが単身ブラジルに渡り完成させたアルバム『GLASHAUS』。
平出隆はそのジャケットに、夭折した画家ドナルド・エヴァンズが描いた架空の国の切手と自身が撮影した北の海の写真を配し、その静謐な世界を表現しました。
出版の流通をも覆した「via wwalnuts叢書」に続きこの秋に刊行される「crystal cage叢書(TPH)」の発表と共に、今回、二日間だけの二人の展覧会を開催いたします。

 日時:11月23日(祝)・24日(土)11:00~18:00
 会場:colonbooks

colonbooks H.P : http://www.colonbooks.com/muscat2c/

PAGE 1 of 5 12345