2018年一覧

あけましておめでとうございます


犬もありました。
ドナルド・エヴァンスが描いた切手。
架空の国が発行した架空の切手。

年が明けましたね。
年末にお会いした方が、「お正月にご馳走を食べる時代は終わった」と言っていて、それにはほぼ同感でした。
ほぼ、というのは、それは正論なのだけれどご馳走、とまではいかなくとも手作り品を持ち寄ってああだこうだとよもやま話をしたり、特に普段は疎遠になりがちな家族に、実は常々感謝しておるのですよという意思表示をする絶好の機会ともいえるので、節目としてちょっとみんなで美味しいもん食べたりはしたい、という余白を込めてです。

その方は毎年、万が一体調を崩しても仕事に差し障りのない年末年始に断食をするんだと言っていて、これまた画期的、名案だなと思いました。
私は実家に居る頃は春に断食を数日して調整していましたが、やはり仕事中は心身散りましたからね。
私自身は「美味しいもの」の意味が昔と変わってきて、理由があって体が欲するものが美味しいものであるので基本的にはあまり抑制してはいませんが、年齢もあり量も減ってはきました。

おせち作りも結構簡素化しています。(画像はインスタグラムに有り)
10数年前まではそれこそご馳走、高級食材買って沢山作ってました。
近年は親しい友人と手分けして作るという画期的な物々交換で、ほんとに気持ち程度。
なんか少ない方がより有り難みが増すという感覚の変遷にも思うところが多いです。

とにかく恵まれた時代と場所に生きる私たちのいろいろな「飽」が上限まで来てるのは事実で引き算が出来ない心と体では健やかにやっていこうにも難しくなってくるだろう、という話。
もちろん食だけでなくもの作りも同じ。
いいもの、ってなんだっけというところで。

わかっていても全然実行できていないですけどね。
そのうえ日々の作業に追われることで鈍りがちな感度、今年はそれを高めるような1年にできたらいいです。
どのくらい皆さんに伝えられるかはわかりませんが精進あるのみです。

今年もどうぞよろしくお付き合いください。

PAGE 2 of 2 12