続・修繕の季節

前回お話ししたお直しの続編です。


靴下のつま先が薄くなってきてレース状に透けております。
でもまだどこも穴になっていません。
そんな時私は「なぞり法」(勝手に命名しただけなので検索しても出ないと思います)で危機を回避していますんで、そちらをご紹介。


まだ無事な場所から糸を通して、横に渡っている糸の上を、その名の通りなぞっていくだけなのです。
まずくるっと通して

刺した場所と同じ位置に戻って隣へ

糸の色が違うともっとわかりやすかったのですが、この方も大人の、男性で同色で目立たないように仕上げたので、見づらいですね。すみません。

何をやっているか、図にするとこんな感じです。(方向が逆ですが同じことです。)


補強したい場所まで来たら、一段上に上って


こんどは逆走。
これを繰り返して、最後は裏側へ糸を何箇所かすくって切ります。


完成しました。
ね。
どこ直したか、まあまあわかんないでしょ。
これも、違う色の糸、同系色のグラデーションなんかでするとちょっと風合いが出たりもします。

この方法は早めの処置が肝ですが、編み物をしたことがないひとにも簡単なお直し法だと思うので透けてきてるのを発見次第やってみてください。
楽しいですよ。
次回は「編み足し法」(勝手な命名)をご紹介します。