修繕の記録

ご注文いただいたニットの制作が今期分は全て終了しました。
ありがとうございました。
また長いことお待ちいただい方、すみませんでした。
これに懲りず今後とももよろしくお付き合いください。

さて、納品が終了すると、修繕の季節になります。
お客さまの分、家族や友人の分、自分の分。
家族や親しい友人からは、私が編んだものではないものも頼まれたりしますが、そんなに上手なわけでも無いので適当かつ探り探りです。

しかしこの「適当(にしか出来ない)」「探り探り(でもやってみる)」がなにごとにおいても大事なことだなあと私は常々思っておるのですが、ことニット修繕に関しては「適当」、でも出来る、というのが編み物をしない方にもおすすめしたい最大のポイントであるのです。

ウールって、ご存知の通り動物の毛からもらっているんですが糸となるまでの過程に様々な事情や怖い出来事なんかもあり、いくらなるべく動物に負担が少なそうなのを選んだとしてもやっぱり考えさせられるんですわ。
私はあんまり神経質に考えこむと他の問題に弊害が起きる可能性があるかなとも思うんで、まず出来ること!今持ってるやつ大事にする!みたいな単純な考えで直す、ニットに限らず大事に使ってもっと使う為に直す、ということを日常の中で大事にしたいです。
ごちゃごちゃ前置きが長いです。

今年初のお直しはコレでしたが、細ゲージで機械編みのセーター。
つまり私が普段編んでいるニットよりも糸が細くて編み目も細かいやつです。
こういうものの時にあえて手編み用の太い糸でいく場合もあって結構好きだったりします。

これは同じセーターの袖口を昨年直したものですがざっくり裂けていたので太い糸でザクザク縫い付けました。
今年の穴は腕の部分で着用時に丸見えるところなので修繕跡がわからないようにしようと思い、

こんな感じに。
使った糸と針は手芸用の普通針と手縫い用の綿糸です。
全て表から、穴の周りの糸を上下に順番にすくって、突っ張らない程度に糸を引き締めてるだけ。
編み物したことない人でも出来ると思います。

このセーターの持ち主は物を大事にする人で、このセーターも10箇所近く修繕させてもらっています。
話している相手の洋服に修繕跡を見つけるとなんともいえぬすてきな気分になり、その人の好感度が俄然アップする私としては、みなさまもご自宅で適当にニットの修繕をしてみて欲しいです。
わざとか…?レベルのへたくそは更なる好感度アップが狙えると思いますのでお気軽にぜひ。