にちよう市のクリスマス&お正月

スタジオマノマノさんでの、にちよう市に参加します。
今回は、スペースをふたつに分け、それぞれクリスマスとお正月にちなんだ作品が並ぶ
ゆく年くる年企画。
私はクリスマスのお部屋での参加です。

普段あまりお見せすることのない刺繍の、アウトサイダーオーナメント(人形)を作成中。

当日は喫茶ブンナタッタさんでお手伝いをしていると思います。
楽しい年末気分と美味しい珈琲を味わいに、ぜひお出かけください。

会期: 2011/12/10 sat.・12/11 sun.
会場:
スタジオ・マノマノ
名古屋市千種区今池1-18-20 伊藤ビル1F
http://s-manomano.jugem.jp/

羊のなる木


自然農、といえば聞こえが良いけれど夏に雑草を刈ったのみでほぼ放置していた綿花畑を覗きに行って驚き
ました。

意外な数の実綿が前日の雨を含み、細い茎がその重みでしなるように頭を垂れています。

長雨や猛暑の時期の乾燥、台風などでどうなっているかと思っていましたが、誰も見ていないのに頑張ってくれていたようで周りの雑草に絡まって倒れたり、綿が一部硬化してしまっていたりと、過酷な状況であったことが随所に見受けられました。
周囲の雑草も台風の風よけの手助けをしてくれていたのかもしれません。
・・・と、放置の言い訳をしながら急いで収穫してこの量。

まずは種を取り除く大変な作業が最初の難関。
ここからは人間の頑張り時です。


ちなみに中世ヨーロッパでは、貿易によって入ってきた木綿は「羊のなる植物(バロメッツ)から生まれる」と考えられていたそうです。
確かに、こんなにふかふかした羊毛のようなものが植物からどのように生まれるか、謎に思いますよね。

ツリー オブ ライフ

暖かい今年の秋も、日が暮れてからはずいぶん肌寒くなりました。
そろそろニット帽が恋しい季節でしょうか。
岐阜のpandさんへ、帽子と手袋をお届けしました。

帽子は「生命の木」をモチーフにしたものです。
アランの模様で長寿や子孫繁栄を意味する生命の木。
枝木がどんどん伸び繋がっていくような編み地は、このままずっと編んでいたいと思える大好きな模様です。
漁へ出る夫や恋人がもしかえらぬ人となっても編み地で判別がつくようにと、無事を祈りながら編んでいたアラン諸島の女性たちの想いはいかほどのものであったかと、いつも編み目を追いながら考えます。
自然への敬意を忘れず、日常の手仕事に取り入れてきたアランの編み物には本当に学ぶところが多いです。

pandさんのある岐阜市は老舗のお菓子屋さんや気鋭の雑貨店やギャラリーなど、楽しみどころが満載です。
岐阜大仏へもぜひ。
pandさんで開催している木工作家の山口和宏さんの展覧会もとても楽しみです。

pand H.P: http://www.geocities.jp/zakka_pand/menu.html

石原真理×カミヤベーカリー

会期: 2010/12/7 tue.-12.29 wed.
会場:
kamiya bakery
名古屋市千種区春里町4-1-11
http://kamiyabakery.com/




第6回 冬じたく展

会期: 2010/11/13 sat.
会場:
アノニマ•スタジオ
東京都台東区蔵前2-14-14
http://www.anonima-studio.com/

毎年恒例になっているアノニマ•スタジオさんの「冬じたく展」に参加させていただき
ました。
参加作家さんたちの懐の深さがうかがえる楽しいイベントです。

PAGE 25 of 26 « TOP...10202223242526