映画「ギミー・デンジャー」を観た


デヴィッド・ボウイが亡くなった時、思わず「イギーより先にボウイが…」と思った。
イギー・ポップに思い入れがあってそう思った人、少なくないんじゃないかな。

ジム・ジャームッシュ監督の新作「ギミーデンジャー」は、74年にストゥージズが解散してイギーがデヴィッド・ボウイとヨーロッパへ飛ぶまで、と2003年の再結成後、要はストゥージズの軌跡のみに添った映画だから、作中ではボウイがストゥージズに近寄って搾取する側みたいにみえたかも知れないけど、バンドの解散後公私危なかったイギーを救ったのはやっぱりデヴィッド・ボウイ。だと思ってる。

「ギミーデンジャー」、いい映画でした。
ジム・ジャームッシュがイギー・ポップを大好きだってことと、イギーがジャームッシュを信頼してリラックスして話してるのが伝わってきて嬉しくなる。
ミュージシャンの伝記映画は沢山あるけれど、単に記録フィルムでない温かみと独創性があって、何よりストゥージズカッコイイ。

私は生きてる人に憧れます。
実際の生死というよりも、生きる意志が持つエネルギーが好き。
たぶんイギー・ポップを今でも好きな理由のひとつです。

シド・ヴィシャスがハタチくらいの時の会話でこんなのがある。
「俺はイギーポップみたいになって20代で死ぬ」
「イギーはまだ生きてるよ」
「…それはどっちでもいいんだ」
映画「トレインスポッティング」(1996)中のセリフにこんなのがある。
「イギー・ポップ?そんな死んだ人間の話なんて…」
「何言ってるんだイギーは生きてて今もツアー中だ!」

なんか面白いなって思う。
イギーのイメージって70年代から変わってないんでしょうね。
でも、そう。
2017年の今日も、イギー・ポップは生きている。
生きて、歌っている。
ずっと元気でいてほしい永遠のロックスター。

Music is life, and life is not a business.
「殿堂入り」の時のスピーチカッコ良かったな。

追い込み中のぼんやりの中、駆け込む勢いで観に行って、元気をもらいました。
私もまだまだ生きて生きて頑張ります。

名古屋での上映は伏見ミリオン座で今週29日(金)まで。

スキタイの羊


友人からの贈り物。
「羊の物語」新宿書房(1990)
幸田露伴や安部公房、チェーホフ、マーク・トウェインといった作家たちそれぞれの、羊にまつわる文章の抜粋が記載されているのですがどれも面白くて少しずつ読んでいます。

その中で澁澤龍彦「スキタイの羊」のページに、以前私が記事にしていた架空植物「バロメッツ」のことが書かれていました。
それによると、オデリコという名の宣教師が一三〇〇年代に記した「東方紀行」という旅行記にバロメッツに関する記載があり、「カスピ山脈(現在のコーカサス山脈)において、メロンのような実がなる植物があり、実の中には血も肉もある羊が入っている」と書かれているそうです。

     
     (ジョン・マンデヴィルが14世紀に描いた果実型バロメッツ。)

タイトルの「スキタイの羊」とはバロメッツの別名ですが、スキタイとは、中央アジアから黒海北岸の地域のことで、コーカサス山脈もこの地域といえる範囲のようです。

で、私も以前の記事では、中世ヨーロッパでは木綿のふかふかが羊のなる植物だと思われていた、と書いたのですが、確かにそういう説もあり、上の画もジョン・マンデヴィルが著書「東方旅行記」の中で綿の想像図として描いたものです。
ですが澁澤氏はバロメッツ=木綿妄想説にはどうも不満があるらしく、「バロメッツはシダ植物由来」説を推しています。
それはどういうことかというと、バロメッツという名の中国北部に自生するシダ植物が実在するそうです。
そしてシダからは綿毛のような繊維が採れる為、人びとがそれを紡績して糸にしたり脱脂綿として使用していたという事実から、羊と植物の合体イメージが作られた、と。
シダって漢字で「羊歯」ですよね。羊。羊毛に似たふかふかが採れる植物。
なんだかややこしいですが、有力な説です。
しかも、バロメッツとはタタール語で子羊。
さあ。どうです。

「どうです」って言われても困ると思いますが、そもそも情報が希薄すぎてみんなの想像力がとっても豊かだった時代のファンタジーなので結論はないんですよね。
でもどうにも気になるバロメッツ。
当時の人々もうすうすそんなはずはないと勘づいていても、植物から羊が生えるという気味の悪い可愛さを含んだロマンに惹かれたのではないでしょうか。


(こちらは羊のへその緒直結型。無理があっても推したい気持ち、わかります)
ハルトマン・シェーデル著「ニュルンベルグ年代記」(1493)より

ただでさえ寝苦しい夏に、眠くならない、眠れない、とりとめもない羊にまつわるお話でした。

ただいま。

クラフトフェアまつもと2017からナカオタカシさんと無事生還。

楽しかった。というひとことでは言い表せない体験でした。
私、ちょっと変わったかも。
冒険旅行から帰った少年がなんだか大人びた顔つきになってる…みたいな。
今日偶然会った知人にイメージ変わったねと言われてドキっとしたのですが、話してる間に「…あ~、日焼けしてるからだ!」って言われました。
ただの日焼けでした。
ナカオさんがテント(の屋根だけ)忘れてきたので、日焼けしただけでした。

しかしクラフトフェアまつもと。
あれだけの大きなフェアを長年継続することは偉大な力ですね。
私は初めてだったのでわかりませんでしたが、ブースの場所決めの方法など毎年見直しや改善を重ねて、甘んじず模索さてれいるようです。すごい。

ナカオさんとお客さん、作家さん、スタッフの方とのやりとりがまたいちいち最高で、愛を感じる、気分の良いお手伝い2日間でした。
人と関わって生きてくって面白いなとナカオさん見てると思う。


そして改めてナカオタカシ作品。良いです。
奇跡的に最後まで残っててくれてた念願のビーカー。私が最後のお客さんでした。
この後の埼玉やいちさん、新潟tetoteさんも観に行けたらいいのになぁ。

私はこの数日でリフレッシュさせてもらったのでまた引きこもり制作に入ります。

暑いですね。

すっかり初夏の気温です。
今秋のニットの制作が始まっていますがそろそろ暑苦しいということで少しずつお知らせするとして、最近はお世話になっている方々のお手伝いもちらほらしておりますのでそちらを。

今週末の5月27・28日の土日はクラフトフェアまつもと2017に、ナカオタカシさんのアシスタントとしてブースにおります。
ナカオタカシさん、ご存知の方も多いと思いますがFRP樹脂の造形作家です。
時計やランプといった実用品も作られていて樹脂なんだけど暖かみがあって、面白い素材を面白く扱ってるよなーと毎度思います。
松本はもはや常連(1年ぶり9回目)。
私は客としてすら足を踏み入れたことがなく勝手がわからず役に立たないかもしれませんが頑張ってまいります。
同時期、5月24日(水)から安曇野のnagiさんでナカオタカシさんのランプ展も開催されます。
併せてぜひ。

6月3日・10日の両土曜日は名古屋栄のオアシス21でのオーガニックファーマーズ朝市村で、恵那の自然農法家である佐藤さんの「やすらぎ農園」のブースでアシスタント在店してます。
自然農法の野菜、有機のものともまた違ってなんというか力がある感じでいいんですよ。
堆肥とか使わないわけですから、あれは、その植物の持ち味だけってことなのでしょうか。
甘くなるような(不要な)工夫とかもしてない感じが好きです。そういうので味覚も操作され慣れてても、あ、正解だわコレがたぶん。て思うんですよ。
何言ってるかわかんなかったらすみません。
野菜市は8:30〜11:30の間ですが、以前11時に行ってみたらもはや誰もおらず開催場面を見れずでやはり勝手がわかっておりませんで、役に立たないかもしれませんが頑張ってまいります。

あとは喫茶クロカワさんがかき氷始まったらチラホラ手伝いに行きます。
こちらは7月からです。

以上、アシスタント情報でした。
皆さんにどこかでお会い出来たらとても嬉しいので来てください。

染色の旅


kotonさんから奄美大島の泥染めの話を聞いた時から私はもうそのことで頭がいっぱいで、実際行ってからも染色以外の観光はほとんど無く、染色が終わっても来年はコレをあの色で染めよう、アレを持ってこよう、と妄想が止まらない。そんな奄美の旅でした。


もちろん日常を忘れて寛ぐだけの時間も環境も十分にあって、余計なあれこれを考えなくて済む有難い数日間。
仕上がりの糸。
藍と泥。

母親が20代から着ていたブラウスを私が気に入って譲ってもらい、やはり20代から着ていて。
随分黄ばんでしまい数年寝かせていたけれどこの通り復活。

特産物のある地域の歴史は厳しく辛いものが多くて奄美大島も例外ではないのだけれど、その特産が今も受け継がれて島の人たちの支えになっているんだなあと思うと感慨深いものがあります。
皆さん本当に親切で、運転免許の無い見ず知らずの私を工房まで送ってくださったり、歩いているとどこへ行くの?と話しかけてくれたりと、街暮らしの私には胸が熱くなる毎日でした。
また会いたい人たちとの出会いもあったし、来年も行けたらいいな。

家での染色もゆっくりやっていきます。

PAGE 4 of 26 « TOP...234561020...LAST »